ほくろ・いぼの治療法

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

女性美容皮膚科では、ほくろやいぼといった症状も治療することができます。ほくろやいぼは稀に悪性のものもあるので、自己判断で放置をせずに早めに専門医に診てもらうことが大事です。そして、そんなときには美容皮膚科に行くべきと言えるでしょう。

ほくろやいぼの治療はそれぞれの美容皮膚科で異なりますが、切除して縫合する切除法と電気で蒸散して取り除く電気凝固法という治療法があります。この他にも液体窒素を使用しての治療法もありますが、この治療法は何度も通院する必要があり、ほくろやいぼ以外の正常な肌にも液体窒素が影響で炎症を起こしてしまう可能性がある為あまりおすすめしません。

ほくろやいぼのサイズが小さければ基本的には電気凝固法で除去することができます。局部に麻酔を行い、高周波の電気でほくろなどを蒸散させて除去する方法ですので、痛みが苦手な方でもこの電気凝固法であれば痛みもなく綺麗に除去できるでしょう。

ほくろやいぼが大きいものですと切除法を利用して施術を行います。基本的には1回の施術で除去できますが、切除していますのでその後白い線状の傷跡が残ります。また、非常に大きいものになると切除後、縫合が必要になりますので、1週間程度経過したあとに抜糸が必要となってきます。切除法での除去でももちろん最終的には綺麗に除去できますが、大きくなる前に電気凝固法で除去する方がおすすめです。

「推奨サイト」
初めての美容皮膚科は、安心のシロノクリニックへ|シロノクリニック|レーザー治療専門の美容皮膚科

シミ・そばかすのレーザー治療

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

女性美容皮膚科に来院される方で多いのが、シミやそばかすに関する治療です。シミやそばかすは主に紫外線が原因でできる肌トラブルです。しかし、多くの方が今まで長い時間を悩まれているのですが、このようなシミやそばかすは1回の来院で解決できる場合がほとんどで主な治療はレーザーによる治療法です。

レーザー治療はもともとある正常な肌を傷めることなく、シミやそばかすなどの正常ではない細胞のみを一瞬で除去できる治療法です。また痛みもなく、副作用の心配もないのでとても安全な治療法なのです。

レーザー治療では、レーザーを照射するのですが、照射後、どのような時間を経て正常な肌に戻るのか、知りたい方も多いのではないでしょうか?レーザー照射後、その光がメラニン色素に反応し、一時的にかさぶたできます。1~2週間その状態が続きますが、人間には自然治癒力といった治癒力がありますので自然とかさぶたが剥がれおちてきます。剥がれおちた後は少し赤みを帯びた状態となり、1ヶ月ほど経過すると周りの肌色と馴染んできて遜色ない綺麗な肌に元通りになるという流れです。場合にもよりますが、1回のレーザー治療で完璧に改善されない場合は、数回の来院が必要になりますが、シミやそばかすは絶対に治る肌トラブルですので、悩んでいる方は1日でも早く美容皮膚科に行くことをおすすめします。

⇒ほくろ・いぼの治療法

ニキビ・ニキビ跡のレーザー治療

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

美容皮膚科は、肌の改善から美肌を保つ為の方法を知っている美のエキスパートです。現代では女性のみならず男性にも美意識が高くなっていることから、肌を気にする人が急増しています。そんな美肌の大敵とも言える一つがニキビとニキビ跡です。ニキビはホルモンバランスが崩れることによってできる現象ですが、治療法を間違えてしまうとニキビ跡となってしまい常に肌の悩みにさらされてしまいます。それでは、そんなニキビやニキビ跡を治療する為に、美容皮膚科ではどのような治療法があるのでしょうか?

ベッド治療法の一つとして挙げられるのが、レーザー治療です。レーザー治療の中でもカーボンピーリングといったレーザー治療はとても効果的です。このカーボンピーリングの特徴は毛穴に詰まった古い角質や老廃物を除去し、肌の活性化を促し、美肌へと導く治療法です。方法としては、特殊なカーボンローションと呼ばれるローションをニキビやニキビ跡に塗布し、その部分にレーザーを照射することで、熱エネルギーが毛穴の奥の細胞に熱を与え、肌の活性化を促し、毛穴を引き締めます。これによりニキビが除去されるのはもちろんのこと、肌細胞が活性化されるので、その後ニキビ跡が残らずまたニキビができにくい肌になるのです。もし、ニキビやニキビ跡でお困りの方がいましたら美容皮膚科でこのカーボンピーリングと呼ばれるレーザー治療を受けると非常に効果的と言えるでしょう

⇒シミ・そばかすのレーザー治療

美容皮膚科とは?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

医者みなさん、美容皮膚科と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?エステサロンとは違うし、皮膚科ともまた少し違うし、でも肌の悩みを解決してくれるところ、といったようなアバウトなイメージを持たれている方は多いのではないでしょうか?今回はそんなまだまだ認知度が低い美容皮膚科について取り上げたいと考えています。

そもそも美容皮膚科とは、名前に皮膚科と付いているだけあって、普通の病院にある皮膚科の診療分野の一つであり、皮膚に疾患があるから行くだけでなく、老化防止効果のあるアンチエイジング療法なども行うことができる場所です。それでは一体どういった症状の方が美容皮膚科を利用すればよいのでしょうか?

大まかに説明すると、皮膚のスペシャリストが担当していますので、皮膚に関することなら基本的に全ての治療などができるというイメージで良いかと思います。具体的には、女性の悩みで多い、シミやそばかす、にきびやニキビ跡の除去、ほくろやいぼの除去、あざの軽減など多岐に亘る治療ができ、それ以外にも肉割れ線の軽減、入れ墨やアートメイクなどの除去といったところまで対応ができますので、皮膚に対する悩みであればひとまず美容皮膚科に行けば治療ができると言って良いでしょう。

したがって、美容皮膚科とは皮膚科の診療分野の一部ではありますが、従来の一般病棟などにある皮膚科をイメージするというよりかは、皮膚に関して今よりももっと美しくなりたい方や美白になりたい方など、皮膚の美に関して専門的な知識を持つところが美容皮膚科といったところになるでしょう。

⇒ニキビ・ニキビ跡のレーザー治療