美容皮膚科とは?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

医者みなさん、美容皮膚科と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?エステサロンとは違うし、皮膚科ともまた少し違うし、でも肌の悩みを解決してくれるところ、といったようなアバウトなイメージを持たれている方は多いのではないでしょうか?今回はそんなまだまだ認知度が低い美容皮膚科について取り上げたいと考えています。

そもそも美容皮膚科とは、名前に皮膚科と付いているだけあって、普通の病院にある皮膚科の診療分野の一つであり、皮膚に疾患があるから行くだけでなく、老化防止効果のあるアンチエイジング療法なども行うことができる場所です。それでは一体どういった症状の方が美容皮膚科を利用すればよいのでしょうか?

大まかに説明すると、皮膚のスペシャリストが担当していますので、皮膚に関することなら基本的に全ての治療などができるというイメージで良いかと思います。具体的には、女性の悩みで多い、シミやそばかす、にきびやニキビ跡の除去、ほくろやいぼの除去、あざの軽減など多岐に亘る治療ができ、それ以外にも肉割れ線の軽減、入れ墨やアートメイクなどの除去といったところまで対応ができますので、皮膚に対する悩みであればひとまず美容皮膚科に行けば治療ができると言って良いでしょう。

したがって、美容皮膚科とは皮膚科の診療分野の一部ではありますが、従来の一般病棟などにある皮膚科をイメージするというよりかは、皮膚に関して今よりももっと美しくなりたい方や美白になりたい方など、皮膚の美に関して専門的な知識を持つところが美容皮膚科といったところになるでしょう。

⇒ニキビ・ニキビ跡のレーザー治療