ほくろ・いぼの治療法

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

女性美容皮膚科では、ほくろやいぼといった症状も治療することができます。ほくろやいぼは稀に悪性のものもあるので、自己判断で放置をせずに早めに専門医に診てもらうことが大事です。そして、そんなときには美容皮膚科に行くべきと言えるでしょう。

ほくろやいぼの治療はそれぞれの美容皮膚科で異なりますが、切除して縫合する切除法と電気で蒸散して取り除く電気凝固法という治療法があります。この他にも液体窒素を使用しての治療法もありますが、この治療法は何度も通院する必要があり、ほくろやいぼ以外の正常な肌にも液体窒素が影響で炎症を起こしてしまう可能性がある為あまりおすすめしません。

ほくろやいぼのサイズが小さければ基本的には電気凝固法で除去することができます。局部に麻酔を行い、高周波の電気でほくろなどを蒸散させて除去する方法ですので、痛みが苦手な方でもこの電気凝固法であれば痛みもなく綺麗に除去できるでしょう。

ほくろやいぼが大きいものですと切除法を利用して施術を行います。基本的には1回の施術で除去できますが、切除していますのでその後白い線状の傷跡が残ります。また、非常に大きいものになると切除後、縫合が必要になりますので、1週間程度経過したあとに抜糸が必要となってきます。切除法での除去でももちろん最終的には綺麗に除去できますが、大きくなる前に電気凝固法で除去する方がおすすめです。

「推奨サイト」
初めての美容皮膚科は、安心のシロノクリニックへ|シロノクリニック|レーザー治療専門の美容皮膚科